鹿沼聡美

  • 美養薬膳研究家、分子栄養学認定カウンセラー、ファスティング(断食)指導
  • 出身:群馬県桐生市
  • 生年月日:1985年生まれ

 

経歴

幼少期から父親の病気治療のため食事療法を見ながら育つ。
自らのアレルギー体質、偏頭痛、肌荒れ、腰痛等を改善するため、さまざまな方法で体質改善を試みるものの、
日常生活のゆとりのなさから食生活や睡眠が乱れ、症状が改善しないまま社会人生活を送る。

新卒で入社したウィルソン・ラーニングワールドワイド株式会社では、企業の採用と教育に関する提案を行う。

株式会社LITALICOでは、うつ病や統合失調症、発達障害があるとされる方の就職サポートを5年間行う。
その中で、「食」と「こころとからだの健康」の関係性をより強く感じる。 

その後、株式会社おかんにて、半年間で200社以上の経営者や担当者向けに食生活改善の提案を行い、
働く人のライフスタイルや食生活の現状と課題を認識。

私生活では20代後半から頻繁な体調不良に悩まされるようになり、
さまざまな食事法を学び試すものの、既存の食事法に「正解」が見出せず、無理なく楽しく続けられる食べ方を探求するようになる。

食について学ぶにつれて、テレビや流行に流されるのではなく、
きちんと自分で情報を得た上で「自分で選ぶ」ということの重要性に気づく。
それと同時に原材料表示や食の安全について知ることで、
今まで見えていた世界と、まったく違って見えるようになったことに衝撃を受ける。

その後、「からだにうれしいごはん」という名前で食材の選び方や日々の食事に関する発信すると、
次第に反響が増え、個人の体質やライフスタイルに合った食事を提案するようになる。

2016年からは理論と実践を伝える「からだにうれしい料理教室」を始める。

2017年2月、突然の体調不良により思うように会社員としての仕事ができなくなったことがきっかけで、
これまで大事にしてきたキャリアや、正社員という立場、そして他人の評価を求める働き方をやめ、
自分の身体を一番大事にしながら生きていくことを決める。

同年4月に開業し、提供する料理教室やカウンセリングを通じて、
短期間で体調やライフスタイルが劇的に変わったというクライアントが続出。

2017年より、「薬膳」の考え方をより身近に感じてもらうことで、
西洋占星術と薬膳を組み合わせて体質診断や食養生を知る「星詠み薬膳」のコラムやサービスを開始。

「星座」を使って陰陽五行に基づいた体質別の食事のアドバイス、
性質や価値観の違いを知ることで、人間関係や仕事選びにも役立てられると好評になり、
書籍「はじめての星詠み薬膳〜こころとからだを12星座で整える」を出版。

2018年よりカルチャーセンターなどで、独自の理論をもとにした「からだにうれしい薬膳ごはん講座」をスタート。

分子栄養学やファスティングについても、学びを深め、
2019年より「Organic美養薬膳」として、分子栄養学と東洋医学、そして自らの理論を組み合わせた講座を開設。

キャンセル待ちが続出し、一年で人気講座に。

2019年11月には、グルテンフリーのお菓子屋さん「いつもの」を出身地の群馬県桐生市にてスタート。

「おこめスコーン」の販売をスタートすると、即日販売の人気商品に。

フードロスゼロで、こだわり抜いた食材を使用したお菓子を通じて、
「食について見直すきっかけ」と「群馬県桐生市を知ってもらうきっかけ」を作ることを目指す。


料理は苦手でした


今では、料理研究家を名乗って活動をしていますが、
実は、わたしは料理という料理はほとんどせずに、会社員生活を送っていました。

たまに料理をしたとしても、
包丁の扱いも、味付けもあやしいし自信がなくて、
誰かに料理をしているところをみられたくない!!と思っていたくらいです。

ですから、フルタイムで通勤電車に乗って職場に通っている頃のゆとりのなさや、
毎回の食事や自分のことがどうしても後回しになってしまう感覚が、
今でもよくわかります。

そんな中で出会った「」と向き合うタイミング。

自分でも驚くのですが、人というのは、
きっかけさえあれば、「一瞬で変われる」もので・・・

わたしの場合は、「一冊の本」というほんの些細なきっかけを皮切りに、
食を変えたことで、
世の中の見え方が変わり、
こころのあり方が変わり、
自分の扱い方が変わり、
人付き合いが変わり、
生活が変わり、
価値観が変わり、
仕事が変わり・・・
気づけば人生が全く違ったものになっていました

」を入り口にして、
こんなにも人生が安心で彩り豊かなものになるということを体験し、
もっとたくさんの方にそれを伝えていきたいと思います。


事業を通じて伝えたいこと


わたしが自分自身の人生を通じて、取り組んでいきたいのは、
「安心」「しあわせ」が循環する社会をつくることです。

自分の子どもはもちろん、孫、ひ孫の世代にも胸を張って
「生きるというのは最高に楽しいよ!!」と言って引き継げるような、
そんな社会をつくっていきたいのです。

わたしは、誰かの役に立とうと自分自身が気づかないうちに無理をしていたことで、
からだを壊したり、思うようにやりたいことができなくて「安心」と「しあわせ」を実感できない時期がありました。

きっと・・・真面目で一生懸命誰かのの役に立とうとするひとほど、
同じように少しずつ無理をしていたりすると思うのです。

たとえば「食」であれば、
農薬をできる限り使わずに安心して食べられる野菜をつくる農家さんや、
健康な豚や鶏を育て、お肉を出荷している生産者さん、
素材にこだわって美味しいご飯でお客さんを元気にしている飲食店さん・・・

まだまだ日本では、一部の人しか「食」の大切さに気づいていません。
「オーガニック」や「無添加」というととてもハードルが高く思われてしまい、
知る前、始める前に諦めてしまう方が多いのが現状です。

そのために、せっかく良い食材や良い飲食店さんがあっても、
それがきちんと評価されていないという場合が増えているように思います。

たとえば・・・
ほんの少し知識があれば、
「平飼いの卵はなぜ他の卵よりお値段が高いのか?」がわかりますが、
それを知らないことで、
「高いから買わない」と、始めから買い物の候補に入っていないのです。

わたしも、はなから一番価格が安いものを購入するのが当たり前と思っていた頃は、
同じ棚にある良質なものが見えていませんでした。

でも、本当は・・・
実際の手間やコストを考えると「良心的だなぁ・・・」ということもあるのです。

もっともっと、真面目で本当に社会のことを思っている方々に活躍してほしいし、
しっかり稼いで欲しいと思っています。

子どもたちに残したい社会をつくるために頑張っているこういった素晴らしい方々のサービスを
喜んで受けたいという方を増やして行くと、
さらに良いサービスを提供することができるようになると思うのです。

微力ではあっても、一歩ずつコツコツと、
世の中がさらに「安心」「しあわせ」になる。
そんな、ステキな循環を生み出したいと思っています。

「安心」「しあわせ」循環していけば、
きっと自然と、子どもを産みたいと思えるし、育てたい、と思えると思うのです。

その循環の中でこそ、
思う存分子育ても楽しめるし、自分自身の人生も楽しめるのではないかと思います。

そのための道しるべと考えているのが、
からだにうれしい生き方です。

毎日が楽しくなるこの考え方をひとりでも多くの方と共有することを願って、
色々な事業を展開していきます。


からだにうれしい生き方とは?


わたし自身人生を変えてきた道のりで、みなさんにもからだにうれしい生き方をお伝えしていきます。

食を通じて、ライフスタイルが変わり、
そのライフスタイルを通じて、ワークスタイルが変わります。

無理なく、楽しく「続いてしまう」そんな生き方がからだにうれしい生き方です。

からだにうれしいごはん

自分の胃袋を掴む!こころとからだがしあわせになる食事

からだにうれしいライフスタイル

自分を大事にしながら日常にときめきながら暮らす

からだにうれしいワークスタイル

「好き」を活かして無理なく自分らしく輝ける働き方


わたし自身の食事

基本的には肉・魚・野菜・お米など、なんでも食べます。
具体的な食事例は、わたしのインスタグラムをご覧ください。

薬膳や分子整合医学などの知識をもとに、自分の体質やその時の体調気分
季節に合わせて食材や調理方法を選んでいます。
食事の回数は一日二食のことが多いです。

また、お店は選びますが、外食もしています。
チェーン店はほとんど行きませんが、基本は食べたいものを食べたい時に食べています。

現在名前のついている食事法や健康法で、特に実践しているものはありません。
すべて自らの知識と経験をもとにお客様に伝えています。

研究結果や実験結果は常に新しいものが出るものです。
砂糖や化学調味料、外国産の小麦粉、牛乳などは自宅では摂らないようにするなど、
避けた方が良いものは避けていますが、
逆に何かを健康のために毎日食べるといったことはしていません。(あえて挙げるなら「味噌」くらいです・・・)

自分の感じたこと、自分の体で実験したことをもとに、
自分が一番良いと思う食事を心がけています。

また、定期的にデトックスも兼ねて、ファスティングをしています。
一般社団法人分子整合医学美容食育協会認定のファスティングマイスターを取得し、
その理論をもとに体に負担の少ない方法で安全に実施しています。

その後、分子栄養学実践講座に参加。