それって副腎疲労かもよ?〜意外と知られていない「こころとからだの関係性」

先日、友人の体調の相談に乗っていたのですが。

「心身ともにダウン気味で・・・」
「風邪をひきやすいのをなんとかしたくて」

という感じだったのですが。

その時、ヒアリングした上でもしかしたら・・・とお話したのが「副腎疲労」について。
他の方にとっても参考になるかもしれないので、書いておきますね。

副腎って?

副腎って、腎臓の上にかぶさってます。
こんな感じで。

日本では意外と知られていないのですが、
実はこころとからだ、という視点で見た時、
副腎」ってめっちゃ大事な器官なのです。
(海外の方が一般にも認知されているようです。)

副腎疲労って?

その副腎が疲労するのが、副腎疲労。

「副腎疲労」って、からだの問題だけかと思いきや、
「こころとからだ」両方にダイレクトに関わるのです。

というのも、副腎では50種類以上のホルモンを生産、分泌しているといわれていて、
しかも、ストレスからからだを守る役割をしているコルチゾールを分泌するのが、
この副腎なのです。

で、ストレスが強すぎる状態が続くと、
副腎は、あなたを守るためにめっちゃ頑張るのです。

ストレスと緊張状態が続けば続くほど、必死で頑張ります。

でも、その状態が長く続きすぎると・・・

はい、疲れちゃいます・・・

コルチゾールが出せなくなっちゃうのです。

そして、実はそのコルチゾールというのは、
ストレスの対処以外にもからだを守る働きをしているので、
免疫をいい感じで発動させたり、血糖値や血圧を正常に保ってくれる働きも担っているのです。

コルチゾールが副腎疲労によって不足すると、いわゆるうつ状態になったり、
風邪をひきやすくなったり、
アレルギーや花粉症がひどくなったり・・・

それ以外にも、低血糖になってふらふらしたり、
不眠や眠りが浅くなる、高血圧、生理痛の悪化、疲労の蓄積などさまざまな不調を引き起こします。

で、問題の副腎疲労ですが、
実はストレス以外にも原因があるのです。

だから、安心してくださいw

「ストレスを緩和する」以外にも解消する方法はありますwww

まず、副腎疲労って、
食生活・生活習慣の乱れも原因のひとつです。
(ほかにも、薬や重金属も原因になります。)

ですから、ただでさえ食生活が乱れているところに、
ストレスが加わったら、副腎へのカウンターパンチなんですよね・・・

どうですか?擬人化したら、かわいそうになるでしょ?w

「じゃあ、どうすればいいの?」

と思いますよね?w

はい、いくつか方法はあります。

もしかして副腎疲労の前兆かな?と思ったら・・・

1)食生活の見直し

はい、まずは食生活を見直すことです。

具体的には、添加物や農薬をできる限り避けるのと、
小麦粉製品は週に何回食べていますか?
もし、毎日のように食べているのだとしたら、
一時的でも良いので「グルテンフリー」もおすすめです。
(まずは2週間をおすすめしています。)

あとは、砂糖、乳製品、コーヒー、動物性タンパク質を取りすぎていませんか?
(お酒やタバコは言うまでもなく・・・)
そして、ごはんはちゃんと「よく噛んで」食べてますか?

食事はお腹空いてから、食べてますか?
ランチや夕ご飯の時間になったからといって無理に食べなくても良いのです。
食べすぎる方が、からだへの負担になります。

これは実体験済みですが「なんとなく食べる」という習慣がつくと、確実に太ります。
(逆に、それがなくなると、ほんと太らなくなりますよ!)

水分は「」もちゃんと飲んでいますか?
お茶やジュース、もちろんお酒は水分に入りませんからねw
ちなみにですが・・・
食事中に水分をたくさんとることは、胃液を薄めるのでおすすめできません。
ちょこちょこ常温のお水を飲む、真夏でも冷えすぎていないお水がおすすめです。(氷水ではなく、冷蔵庫で冷やしておくくらいにするなど・・・)

噛まずに水分で流し込むのが一番よくなくて、
それがキンキンに冷えていたり、ましてお酒だと、またしてもカウンターパンチですんで。
(おいしいですけどね、ビールとかねw毎日の習慣にはしないでね。ほどほどのお楽しみで・・・)

2)生活習慣の見直し

そして生活習慣。
ちゃんと夜、しっかりと寝てますか?

毎日、からだを少しでも動かせていますか?

挙げればきりがないですが、
大事なことは「無理なくできることから始める」ということです。

そして、これらにプラスしてファスティングも副腎疲労には効果的といわれています。

でも・・・予防と言う観点で言えば、
一番は少しでも早い段階でストレスを緩和していくこと。

副腎疲労が悪化してからでは、
動きたくてもこころもからだも動いてくれない・・・ということになってしまうので。

ストレスを甘く見てはいけません

かく言うわたしも、
「あぁ、あれは今思えば副腎疲労だったんだろうな・・・」というような時期がありました。

でも、その時は理由がわからないから、さらに辛かったですし、
こころの元気がなくても、
それってなかなか人にわかってもらいにくいことだったりします。

実際、日本では「副腎疲労」という言葉自体が知られていないので、
理解もしてもらいにくいでしょう。

まずは、「知る」こと。
その上で、「早めの対処をする」ということ。

これをたくさんの方に伝えていきたいなぁと思います。

さて、みなさんの副腎さん、ヘロヘロになっていませんか???

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です