減塩で…老ける??〜若く綺麗でいたい甘いもの好きさんへ

薬膳教室の試作、
玄米甘酒で甘味をつけた黒ごまのお汁粉が朝ごはん。お豆腐白玉。


お汁粉には必ずを加えて、
添えるのも塩味のもの。

薬膳においては、
甘味は、腎に対して相克関係
(働きを抑制する関係)

冬に弱りがちな「腎」や「膀胱」の働きを抑えるので、
甘いものの食べ過ぎは、腎臓に負担です。

腎臓が弱ると…?

あら大変!!
老化にまっしぐら😱w

はい、老けます。

甘いもの大好きーってひとは、
老けてるひとが多い。

キッパリ。
 
腎が弱ると
髪は抜け、
腰痛は悪化し、
視力は下がり、
物忘れはひどくなり、
頻尿…

ほら、老けたw
ひどいw
でもこれ、まじっす。

他にも、
むくみ、
冷え、
貧血…

なので、腎を助ける「鹹味(かんみ)」つまりは、
塩辛いものを一緒にとります

甘味屋処で、
お汁粉に塩昆布がつくのには、こんな理由がありました💡

わたしのローチョコレートのレシピにも、必ず塩を入れます🍫✨

といっても、

「塩」の質はめちゃくちゃ大事!!

ハイパー大事!!!!

このあたりは、料理教室やファスティングサポートでは必ずお伝えしていますが…

悲しいですが、
すでにとっている塩の質を考えずに、
ただ単に減塩しても、体調が良くなることってあまりないっす😥
(しかもおいしくない・・・)

そもそも逆なんです!
逆!!!

必要なのは、塩から逃げることではなく、塩と向き合うことなのです!!!!

…ふぅ熱くなりましたw

ちなみに、黒ごまやクコの実も「腎」を養います。

ほら、お赤飯に黒ごまと塩をかけるのは、これが理由です。
(薬膳では、もち米も小豆も甘味)

なかなかにバランスのとれた一品✨

とはいえ、そもそも甘いものの食べ過ぎは禁物ですよー。
わたしも試作でうっかり食べ過ぎないようにしますっ!!w

日々の食事からひとつずつ。
まずは塩から見直しましょう。

塩を変えるだけで、
あら不思議!
料理上手にもなれます❤️


現在決まっている来年の教室はこちらです!
 
薬膳教室も、
ライトなものはカルチャーセンターで平日開催(4月第二期スタート)、

薬膳を使いこなす一汁三菜を学べる講座が、
なんと3月スタート予定です♪お楽しみにーー!

1/12(土)ローチョコレート教室in本八幡募集中(満員→キャンセルにより残1)

1/20(日)星詠み薬膳教室in御茶ノ水 募集中(残5)

1/27(日)キムチ講座in八千代緑が丘募集中

2/2(土)スパイスカレー教室in本八幡(キャンセル待ち受付中)

2/9(土)ローチョコレート教室in本八幡  募集中(残2)

2/28(木)キムチ講座in八千代緑が丘 募集中 
  
※キムチ講座は、JEUGIAカルチャーセンターイオンモール八千代緑が丘店に直接お問い合わせをお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です