体調悪い時のお助け簡単スープ「薬膳ボーンブロス」

胃腸の具合が優れないとき、
とりあえずぜーんぶ入れてよーく煮込み、
スープをゆっくり飲んでくださいませ✨

特に調子が悪く無い時は、
お肉も一緒にお召し上がりください。

貧血気味のひとや、
亜鉛と銅のバランスが悪いひと(不安が強かったり、不安定だったり、PMSひどかったり)、
緊張感が強い人や、
冷えが気になるひとにもおすすめです。

ボーンブロスのレシピはたくさんありますが、
我が家はこんな感じです。

というか、気分で材料変わりますw

レシピ

材料

・鶏の手羽元(手羽先や鶏ガラでもOK)400g
・にんにく 1片(薄切り)
・クローブ 5粒
・ブラックペッパー 5粒
・クコの実 8粒
・玉ねぎ1個
・梅干し1個(タネごと)
・押し麦など雑穀 大さじ1(お米でもOK)
・生姜10g(薄切り)
・水 1ℓ
・塩 6g(目安です。煮込み時間と水分の蒸発量により、微調整してください)
・醤油小さじ1

作り方

1) すべて鍋に入れる
2) 手羽先が柔らかくなるくらいまで煮込む。(骨からの栄養が出やすいため)
3) 味の調整をして完成

簡単でしょ???

材料は、ないものがあっても全然OK!!

基本的には、
何入れてもいいんです。

やっぱり、材料的には鶏肉がおすすめではあります。
(質を考慮すると、お肉の中では一番リスクが低い)

鶏ガラとか使うのも、
もちろんいいのだけれど・・・

めんどくさいでしょ??w

疲れている人は、
手軽につくることが、一番大事。

手の込んだボーンブロスも、
月に1回しか食べないとかじゃ、意味ないから。

ちょこちょこ作って食べられるくらい手軽であること。

わたしはそれが大事だなーと思っています。

ボーンブロスはすごい

私の周り、
ボーンブロスで元気になった人、いっぱいいます。

みんな、手軽に作ってたひとばかり。

みなさんも家にあるものと手羽元をとりあえず煮る!!くらいの気持ちで、
作ってみてくださいね。