毎日食べても飽きない?日本人を元気にする本物の薬膳料理〜麺覇王(メンバーワン)

大寒の昨晩。

オンラインサロンのメンバーと2回目のからだにうれしい薬膳会

隠れた超一流店「麺覇王」にて、予約必須の丸鶏の薬膳鍋をいただきました!!

結構冷え込んでいたので、
寒い・・・と言いながら店内に入ったはずなのに、
さらに冷え込むはずの帰り道。(21:00過ぎ)

おかしなことに、
足の先までほかほか

帰宅するまで、ずっと身体の中からあたたかいのです。

一緒に行ったおふたりも、
帰宅してからも暖房いらずでした!
帰りもマスクの中が汗でw
とのことで、やはりこの鍋はすごいなぁと。

他にも、
スタートはおきまりの薬膳卵と薬膳酒。

生レバーの薬膳炒めも、ほんとにほんとにおすすめ!!!
レバー嫌いな人でもついつい食べちゃうくらい美味しさなのです。

三枚肉の醤油煮もお肉がとろとろ・・・
醤油煮といっても、程よく生薬が使われています。

麺覇王の本当にすごいところは、
「薬膳料理がすべて薬っぽくない」ところです。

いかにも、
「これが薬膳料理だ!!!」という感じの、
いわゆる日本人が「薬膳料理ってこういうものよね」という感じの、
生薬の香りや味の主張が強い薬膳料理を出すお店はいくらでもあるのです。

確かに、
「良薬口に苦し」という言葉の通り、
体には良さそうだったりします。

でも、「それ、毎日食べたいですか?」と聞かれたらYESと答える人はいないと思うのです。

特に日本人は、
もともとが和食のお出汁や発酵食品といった、
じんわりとおいしい味付け好き&ほっとする人が多い民族です。

そんなわたしたちにとって、
日本人に元気になってもらいたいからラーメン屋やるぞ!!」と、
高級中華料理店の料理長を辞め、誰でも気軽に毎日でも入れるお店を始めたそうです。

ごはんとお味噌汁にほっとする、わたしたち日本人が、
じんわり美味しいと感じられる、
本格薬膳料理を作り続けてくれている麺覇王のマスターは、
国宝みたいな存在だなぁと密かに思って大尊敬しています。

話をすればするほど、日本人より日本人なのです。

70歳!とは思えぬパワーと肌つや!!!(タバコも吸うのにw)
すさまじい種類の生薬を使いこなして、癖のない飽きのこない味をつくる名人です。

麺覇王は、そんなマスターと、
マスターの料理が心から大好きな奥さまがいつも最高にあたたかく迎えてくださるお店です。

長年の常連である夫にとっては、第二の実家のような場所だったりもしますw

芸能人の方もお忍びで訪れるそうで、
一度食べたらわかるひとにはわかる味なので、通っちゃうのもわかりますwww

麺覇王、行かないと人生損してます。

あ、ラーメン頼んで、スープ残すと怒られますよwww(麺は残して良いそうですw)
料理の注文が入らないと、マスターは尺八の練習を始めてしまいますw


麺覇王(メンバーワン)

住所:東京都文京区本郷3-43-8 湯島武蔵野マンション 1F
最寄駅:本郷三丁目から徒歩5分、御茶ノ水駅から徒歩13分
TEL:03-6801-5505
営業時間:ランチ 11:30~14:30 ディナー 17:00~22:30
定休日:日曜
予算:1000〜3000円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です