生きているうちに出会えてよかった!〜「灰干し」という贅沢

わたしの密かな大好物・・・それは、「灰干し」のお魚です。

「灰干し」は、5年くらい前まで縁がなかったのですが、
パルシステムで、一度灰干しの鯖を食べたら、その美味しさにどハマりしましてw

たまの贅沢というか、
食卓のお楽しみになっています♪

灰干し製法って、なんぞや?という感じだと思いますけど、
要は火山灰、もしくは火山灰に塩を混ぜたものでお魚をサンドすることで、
余分な水分を取り除く干し方です。

お魚独特の臭みを水分と一緒に取りつつも、
天日干しと異なり、空気にもほとんど触れず、熱も加わらないため、
灰干しだと、脂の酸化を最小限に防げます。

そのため、脂は良い状態で残るので、
旨味がぎゅっと凝縮されるのです。

そのため、「本当に干物?」という感じで、
ふっくらジューシー!!!

我が家が今日いただいたさばの灰干しは、パルシステムから購入した、
こちら株式会社兆星さんという、千葉県銚子市にある会社さんのもの。

ほかにも、
カラスガレイの灰干しとか、

鮭の灰干しとか、さんまの灰干しとかもありますし、
お肉の灰干しを販売しているところもあります。

焼くだけで、贅沢なごちそうになる灰干しは、
もちろん「元々のお魚が新鮮で美味しいこと」が大事になってきますが、
灰干し製法って、とっても面倒なので、
灰干し作ってる時点でなんというか・・・ありがたいし、美味しいところが多いと思ってます♪

灰干しとまだ出会ってないよ!!
という方は、出会ったら干物のイメージ変わりますよ。

我が家はパルシステムですが、
通販で買えるお店もあるようです。

ぜひ見つけてみてくださいねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です