12星座別〜調子を整えるためのキーワード①おひつじ座〜かに座

4/29開催の星読み薬膳講座のテキストの中で星座ごとに考えた、
「調子を整えるためのキーワード」が我ながらあまりに良いので、うずうずw

せっかくなので、そこだけピックアップしてちょっとずつ公開しますねー。
何かに役立ったらうれしいです。
(フェイスブックにアップしたものを再編集しました!)

まずは「おひつじ座〜かに座」でっす。


おひつじ座

はじまりをとらえる
春、日の出、何かのスタートなど、大きな始まりも小さなはじまりもきちんと頭の部分をとらえることで、おひつじ座の領域が元気になります。
あたらしいことに取り掛かるまではどうしても、不安や焦りが強くなります。最初の一歩を小さく始める「スモールステップ」はおひつじ座にとって有効です。
毎日のことであれば、たとえば、朝日をきちんと浴びる、といった小さなことからはじめていきましょう。

おうし座

味わう
衣食住を「五感を満足させるものに変える」ことで、おうし座の領域が元気になります。
不足感を感じたり、不満が強くなるときは、「今のしあわせ」を味わいきれていない場合があります。もしくは、慌ただしい時間の流れの中でおうし座らしく味わうことを忘れてしまってるのかもしれません。まずは、食事のひとくち、服やシーツの手触りから自分のペースで味わってみましょう。

ふたご座

外に出す
自らの自己対話を超えて、思いや考えをアウトプットすることで、ふたご座の領域が元気になります。
流動的なふたご座の性質を生かしながら、「今、良いと思っていること」「今、興味を持っていること」を発信することで、お互いに良い変化が起きます。
考えや意見が変わることはふたご座にとっては自然なことです。まずは恐れず、ひとつずつ頭の中を外に出すことからはじめましょう。

かに座

小さくひらく
感情や思いを信頼する身内と分かち合うことで、かに座の領域が元気になります。
同じでなくてはいけない、個人よりも集団を重んじなければいけない、と自由や違いを禁止し、お互いを監視し合うような関係性になってくると、かに座はどんどん閉じていき、双方が苦しくなっていきます。自分の中で抱え込めるものには限界がありますので、まずは小さくこころをひらいてみましょう。


いかがでしょうか??
ピンとくることがあれば、ちょっと意識してみてくださいねー。

細かな12星座別のアドバイスは、こちらの12星座別星詠み薬膳的アドバイスをご覧くださいね♪


現在募集中の講座はございません。
個別の星詠みも募集終了いたしました。

近いうちに、自分や家族の体質や体調の整え方がわかるようになる「星詠み薬膳基礎講座」を開催予定です。
募集開始をお待ちください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です