食べたいのはいつも甘い物というあなたへ

甘いものがとにかく大好きで。
「なにが食べたいかなー?」って、思い浮かべるといつも甘いものになる。

チョコやクッキーなどのお菓子や、
ちょっとしたコンビニスイーツなどが楽しみ!!
なんならご飯も、甘いパンとかパンケーキがいいな♪
ジュースを見たら飲みたくなるし、
夏はアイスが楽しみ!!
お酒はカクテルやチューハイが大好き!!

甘いものをやめるなんて信じられない!!!
甘いものはわたしの心の支え!!
甘いものを食べると、心が安らぐの。

そんなあなたは・・・
あなたが一番甘えたい人に思いっきり甘えてくださいね♪

いつもひとりでなんとかしなくちゃって、
がんばりすぎなんです。

本当は、もっと甘えたいし、依存したい。

でも、それじゃダメだ!そんな自分じゃダメだ!
自力でなんでもできるようにしなくちゃ!!

と、潜在意識ではそう、思っています。

わたしもそうだった時期があったから・・・でもね・・・

頼っていいです。
甘えていいです。
依存してもいいんです。

しっかりと自立したい心のあるあなたは、
どこまでも依存したとしても、大丈夫。

そんな自分をまずは受け入れて、許してあげてください。

そして・・・
愛してあげればいいんです。
ここまでよくひとりで頑張ってきたね、って。

きっと心のどこかで、甘いものを食べることに罪悪感があったように、
甘えることにも罪悪感があるんだと思うんです。

だけど、あなたが乗り越える罪悪感は、
甘いものを食べる罪悪感ではなく、ひとに甘える罪悪感
です。

いくら甘いものをたくさん食べても、本当の意味で心が安らがないのは、

本当は「甘えたい!」という感情を封じ込めているから。
その、封じ込めていた感情をしっかりと見てあげれば、
甘いものの呪縛から一気に解放されます。

たとえ、今すぐ甘えられなくても、
「あぁ、わたしは甘えたいんだね」って、認めてあげるんです。

甘いものを食べてはいけないわけではないんです。
わたしだって、時々食べます。

ただ、日常的に甘いものを食べ続ければ、からだにはものすごい負担がかかります。

血糖値が乱高下して、ものすごく疲れやすくなります。

そして、食事の栄養バランスが崩れるだけでなく、
せっかく食事から摂った大事なビタミンやミネラルなどの栄養も、砂糖の代謝に使われていきます。

さらには・・・ ひとに甘える代わりに、どんどんお砂糖に依存していくんです。

甘いものが家にないと、手元にないと不安、という方は、
すでに結構しんどい状況だと思います。

こころとからだがなんらかの悲鳴をあげています。

わたしがその状態のときは、家にお菓子を買っておいたり、菓子パンをいくつも食べたり、
休日の楽しみといえば、カフェにコーヒーとケーキを食べにいくような感じだったんです。
仕事もプライベートも相当辛かった時期で、ギリギリでした。

まずは、気づくこと。
病気になる前に、からだからのサインに気づいてあげられたら、できることがたくさんあります♪

わたしのファスティングのサポートをしてくださった断食メガネ田中さんが、

「甘いものを欲するのは、性格、体質ではなく、症状」

とおっしゃっていましたが、まさしくその通りなんです。
目を背けず、直視するところから始めてくださいね♪

あなたがいつも穏やかで、安心して過ごせますように・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です