こころだけ変えて、からだは置き去りにするの?

やっぱり・・・わたしは、
「心の持ちようが全てだ!」
「マインドさえ変われば綺麗になれる」
「どんな病気も気持ち次第で治る!」
「自分を大事にしてれば、どんなジャンクな食生活してたっていい」
 
っていうマインド至上主義も、

「健康がすべてだ!」
「痩せたら人生が変わる!!」
「食生活を整えたらすべてうまくいく」
「健康のためなら、なんだって我慢する」
 
っていう健康至上主義も、
 
どちらの理論も大嫌いだ。


 
どう考えても乱暴すぎると思う。
  
だってね、「こころ」と「からだ」は繋がっているのだから。
 
この部分のわたしのスタンスが決まっていなかったことに気づいたんですけど、
やっと決まりました。
 
そう、わたしは「心身一如」の精神を貫きます。
 
心と体はひとつの如し。
東洋医学や漢方医学の根源的考え方です。

わたしの経験上、どう考えてもどちらかだけではダメなんです。
 
これまで、
料理教室とカウンセリング、両方の商品を通じて、お客さんと関わってきました。
 
その中で、幸せに自由に人生を楽しむためには、結局どちらも大事なのだと確信したのです。
 
アプローチ方法として、マインドから入るか、からだから入るか、の違いだけ。
どちらから入っても、「自分で自分を大事にする」ということを学ぶのだけれど・・・
 
なんなら、わたしはダブルでアプローチしてます。
その方が早いから。
 
あとは、からだからこころのサインを読み取れるし、
こころの話からからだへのアプローチを見つけられる。
 
おおおおおおおーーーーー???こう書くと、やっぱわたしすごいなw
 
あとはね、
「からだの不調」の一番の原因だったりするのが「こころのストレス」だったりするんです。
 
ストレスで甘いものやジャンキーなもの食べると腸内環境荒れて、
幸せホルモンのセロトニンが出なくなるから幸せを感じられなくなって、
さらにストレスを感じて甘いものやジャンキーな食べ物、お酒が止まらない・・・
 
って恐ろしい循環になったりね。。そうすると肝臓やられるので、行く末は。。
こころとからだ、繋がってるでしょ?
 
なんならストレスで血流が悪くなるから、むしろ「こころ」だけで、どんな病気にもなれますから・・・
 
あとは、
「なにか我慢してるから肌荒れしたんだー!」と思いきや、
単純に「からだに合わない」ものを食べててからだが警告発してるとか、
食生活が原因で腸内環境劇悪だったから免疫力も低くて、
そこにストレスでとどめを刺しただけとか、ってパターンもありますからね。
 
どちらかだけで考えると、行き詰まる。
 
どちらかだけで考えると、解決しない人もいる。
 
だって、自分を大事にする、って、
こころもからだも大事にする」ってことでしょ?
 
これを伝えていきたいな、と思います♪
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です