誰かと一緒にいて「心地よい」ための条件

今日、ひとつわかったこと。

心地よい」という感覚。

それは、「自分らしくいられる」ということ。
 
ひとりではなく、
誰かと一緒にいて「自分らしくいる」ためには、

わたしが大事にしているものを大事にしてもらえている感覚」と、
目の前のひとが大事にしているものを大事にしたいと思う感覚

このふたつが揃う必要があるということ。

そのどちらかが欠けても、そこに「心地よさ」は生まれないのですよね。

仮に、そこに偏りが生まれた時、
「わかってもらわなくては」といった焦りや不安といった感情が教えてくれるのだということ。

なかなか言葉にできなかったことを
やっと言語化できました。

価値観はひとそれぞれだし、
それに正しいとか正しくないとかはないし、
それはそれで良いのだけれど、
自分が大事にしているものを大事にしてもらえなかったら悲しい」のは、
みんなに共通していることだと思うのです。

誰と一緒にいるか

これが大事な理由って、そこだなぁ・・・と思いました。

悲しい思いをし続けなくていい

もし、「わたしが大事にしているものを大事にしてもらえない」と悲しんでいる人がいたら、
そう伝えてあげられるひとになりたいな、と思います。

それが、自分を大事にするということだと思いました。

これをわたしに教えてくれた、
わたしの周りの素敵な人たちに感謝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です