それ、必要?

必要なものって、その都度変わってくる。

わたしには「音楽がなければ生きて行けない」って時期もあったし、

「テレビがなければ生きて行けない」
「お菓子がなければ生きて行けない」
「コンビニがなければ生きて行けない」って時期もあった。

だけど、「今も」そうかと言われれば、そんなことはなくて。

今は、どれも必要なくなっちゃって、
音楽はたまにで良いし、
「素材の味のするおいしいごはんがなければ生きて行けない」
「パルシステムがなければ生きて行けない」って感じw

それと同じで、みんなみんな、必要なものなんて違うし、変わっていくのですよね。

「NO MUSIC NO LIFE」の人もいれば、
「NO CURRY NO LIFE」の人もいるw

同じように、講座でよく聞かれる「白砂糖」や「化学調味料」あとは「薬」(風邪薬のこともあれば、それ以外の薬の話もあります)などは、

それがなければ生きて行けないって人も、もしかしたらいるかもしれないけど、今のわたしには「必要がない」って思ってて。

最近は減りましたが、ときどき「聡美さんにとってはそうかもしれないけど、わたしには必要!」「こういう人にとっては、必要なんじゃないですか??」的なことを言われることもあるのだけれど、「あぁ、そうですか」としか言いようがなかったりもします。

だって、みんなそれぞれの価値観で、それぞれに必要なものに囲まれて生きているだけなのですから。

でもね、もし「わたしにはこれが必要なの!わかって!!」っていうのをわざわざ人に伝えたくなるのであれば、
それは、「それが必要な自分が嫌い」って思ってるか、
本当はそれはわたしに必要がないのかも」って思ってるだけかもよ。

わざわざひとに自分の必要としているものの「正当性」を主張したくなるのであれば、
それを主張している自分のことを好きかな?」って、問いかけてみるといいですよ。

そういう時って、苦しかったりするので、それこそ心やからだに不調が出やすかったりする。
体型も望まない感じになりやすい。

自分にとって必要なものは自分で選ぶ
そして、選んだ自分をきちんと誇る

もし、誇れない選択だったのであれば、選択し直せばいいだけ。

ほんと、それだけで体調だってよくなったりするのですよ。

わたしもそうやって、なんども選択をし直して、自分をやっと好きになれたのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です