失敗なしで誰でも美味しいお出汁〜水出汁のつくりかた

我が家はもちろん、
料理教室や薬膳講座の生徒さんたちもかなり活用いただいている「水出汁」

それまでは、顆粒だしや出汁パックだった方が、

「すごくおいしいです!!」
「ラクすぎます!」

と、
あっという間に水出汁に変えられています。

というのも、
水に煮干しと昆布を入れて、
一晩置くだけ
というめちゃくちゃシンプルな方法だからです。
(冷蔵庫に入れておいてくださいね。)

あとは、翌日煮干しと昆布を取り出して、
火にかけてお好きな具材を入れ、
お味噌を溶かせば、美味しいお味噌汁の完成です!!

煮干しや昆布の分量は、
素材によって出汁の出方も違いますので、
写真を参考にしてくださいね。

あ、おいしいな・・・

と思うくらいが、ベストな量だと思っています。

水出汁ならば、つくってから2~3日くらいは日持ちするのですが、
やはり、作りたてが一番香り高いです。

なので、我が家は小鍋で2人前1回分(350cc)のお出汁をつくっておくことが多いです。
ご家庭のお食事事情によって、
一回に作る分量を調整していただくと良いかと思います。

お味噌汁はもちろん、
何にでも活用できます!!

水出汁に塩麹で、スープにもなりますし、
ご飯を入れて味を調整すればおじやにも。

ではでは、これから寒くなりますので、
お出汁をつかった、
あつあつ料理を楽しんでくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です