常識を疑うひとを批難する〜子育てについて思うこと

「ふつうだったら、そうするでしょう?」
「みんなも、そうしてるからね」
「なんでそんなこと気にするの?」
「それくらいは、しょうがないことなんじゃないの?」
「そこは、大人な対応しましょうよ」

そんな風に、

「これ、もしかしたら、おかしいんじゃないかな?」
「どうして、こうしなきゃいけないのかな?」

と勇気を出して発信するひとを、
批難してしまうような雰囲気とか、

わたしも我慢したんだから、あなたも我慢しなさいよと暗ににおわせるコミュニケーション。

これらがね、
生まれないコミュニティーを作っていきたいなぁと思うんです。

なぜなら・・・それをやってしまったら、
お互いに思考停止にまっしぐらだからです。

たとえばワクチンの話。

「子供の予防接種、どうしようか悩んでるんです」

そう、発信した人に対して、

「えーーみんな受けてるでしょ?なんでそんなこと気にするの?」

そういう雰囲気になった場合、
もうその後は、よほど勇気がないと話せないですよね。
そうやって、タブーが出来上がっていく。

わたしが伝えたいのは・・・
わたしは、予防接種については、最終的に個人の判断だと思うので、
考えた末にどちらを選んでも正解だと思うのです。

でも、
みんなもそうしているからそうするというのは、違うと思うのです。

病気予防、ワクチンの副作用、どちらも命にも関わることです。

大事なのは、自分の頭で考えて決めたかということです。

わたしが、自分の子供に親の背中を見せるとしたら、
どういう選択をしたか、ではなく、どうやって選択をしたかを見せることをしたいと思っています。

なぜなら、自分の頭で考えて生きていける子に育って欲しいと願うからです。


 photo by 鈴木香那枝

それでも・・・正解がないからこそ、悩むこと、立ち止まること、これでいいのかな?
と誰しも不安になることがあると思うのです。

そんな、ひとたちが、
「これってどうなのかな?」と心をひらいて話せる場所、そして、仲間。
それを作って生きたいなあと思っています。

「これが正しい」「あれは間違っている」と自分の考えや、正当性を主張するのではなく、
自由に考え、学び、悩んだらいいと思うのです。

まずは、オンラインサロンから、
みなさんが安心して、心をひらける場所をつくっていきますね♪
そして、少しずつオフラインの場も広げていきたいと思っています。

※わたしのオンラインサロンは、お会いしたことがある方&お客様の紹介制で運営しています。(会費は無料です)
ご興味がある方は以下よりお申し込みください。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です