栄養療法その後〜BCAAや夜食療法の成果は?

父は先日退院して、病院に通いつつ自宅療養をしていますが、

・BCAA

・夜食療法(間食も)

・SIBO対策(低FODMAP、グルテンフリー 、カゼインフリー、シュガーフリー)

のおかげか、
なんと入院前よりだるさが無くなっているとのこと!!
栄養療法については、こちらの記事参照

食道からの出血が多量で、
何度も輸血と手術、
それに伴うたびたびの絶食、
寝たきりによる筋肉と脂肪の著しい低下があったにもかかわらず、です。

たしかに、痩せてはいますが、元気そう☺️

ちなみに、夜食、間食はその時に応じて、
今は固形のものも食べられるようになったので、ゼリーだけでなく、

おむすび(父の場合はあえて白米をセレクト)、
生のフルーツ
米粉のスコーンなど色々です。

食事を減らして、その分を間食に移行するイメージ。

間食も食事も基本は、
低FODMAP、グルテンフリー 、カゼインフリー、シュガーフリーです💡

まだまだ、油断ができない状況は変わらないですし、

暑さ寒さなどのストレスをできる限り減らすことは必須ですが、

「今日一日を快適に過ごせる」

ってことが、どれだけ大事なことか、
今回は本当にもうダメかと本人も家族も思うほどの重傷だったからこそ、思い知りました。

からだは、どんなことがあったとしても最後の最後まで、
なんとか機能しよう!生きよう!とするものです。

だからこそ、それを邪魔しないこと、

そして、からだを応援できるような食事、栄養管理をすることが本当に大事ですね✨

鹿沼聡美の健康サポート

✔︎薬膳ファスティング個別サポート

✔︎グループファスティング

✔︎食養生カウンセリング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です