あの人はなんで無茶してても健康なの??〜「人間ろうと理論」で全部わかる!

年明けの皆さまへのギフトとして、お贈りしたいものがございます。

わたしの2017年はこれに費やしたとも言えよう・・・
その名もニンゲンろうと理論!!


・・・というのは言い過ぎかもしれませんが、
むしろ、このあたりを理解するのに、何年もかかったというのは本当の本当で。

西洋医学的にはさっぱりよくわからなかったですし、
東洋医学的にも生まれつきの「体質」という形でしか、わからなかったのです。

ただ、独学での薬膳や東洋医学の勉強に加えて、
内海聡先生の合宿や講座で学んだり、
ファスティングマイスターを取得したりしつつ、
それ以外にも色々な方面の勉強会に行ったり、
本を読んだり・・・
なにより自分自身の人体実験やお客さん、そして周りのひとたちを見ていて、
昨年、やーーーーーっとすべてがつながって、長年の謎が解けたーー!!というタイミングがあったのです。

それを伝えたくて始めたのが、
からだにうれしい超入門講座だったりします。

とはいえ・・・この理論を知っていると、
自分がどうしたら良いのかがかなりわかりやすいので、
たくさんの方に知っていただけたらと思い、
ちょっと頑張って記事にしてみることにしました。

なんで、あの人はあんなに無茶してても大丈夫なのに、
わたしはすぐに体調崩しちゃうんだろう??

とか、

こんなに健康に気をつけてるのに、
からだがガタガタなのはなんでだろう?

とか、

生き方や心の持ちようで、痩せたり体調がよくなるっていうけど、
どんなにジャンキーなもの食べて生活しててもいいってこと?

とか、

○○さんがやってたダイエットをやってみたけど、
わたしは全然うまくいかなかった(体調崩した)のはなんでだろう?

そーんな疑問はだいたい解消できるかと。

と、そんなわけで本題です!

人間ろうと理論とは何かというと、
わたしがみなさんにお伝えしている「からだにうれしい」という考え方のベースになる、
こころとからだはつながっている」という考え方をわかりやすく解説するための理論です。

まず、わたしたち人間の身体にはひとりひとつの「ろうと」がそなえつけられていると考えてください。

このろうとというのは、
言うなれば免疫システムとか、自然治癒力のことです。

ほら、みなさんも、
これまでの怪我だったり、風邪だったりは、
ちゃーんと治ってきたでしょ?

薬を飲んだり、飲まなかったり、病院にかかったり、かからなかったり、
いろんな人がいるとはおもいますけど、
それぞれちゃんと治ってるはずなんです。

鼻水出したり、咳したり、
こんなのも、すべてろうとがあるからこその反応で、
毒素をからだの外に出そうとしてるんですよね。

といっても、普段は便や尿、汗として毒素を排出しています。

ちなみに毒素というのは、
からだにとって必要のないもの、という意味合いで、
風邪などのウイルスなどもそうですが、
農薬や薬、添加物など石油からできた製品や、
水銀やアルミなどの有害な金属も含みます。

そんなこんなで、長くなるので、続きは次の記事へどうぞー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です